手術後の経過と家族の気持ち(3)

  • 2019.05.05 Sunday
  • 15:44

弟の声 2008/03/15 携帯メール

 

先生たちがそれぞれの場面で分かっている情報を100%伝えてはくれなかったと思う。専門家と素人で、かつ向こうは検査の結果を把握できてるわけだし、原因不明の熱だったり1、いつのまにか転移していたことだったり、そもそも手術を終えた時点で抗がん剤、放射線をやっても無駄だって分かっていたかもしれないとか考えたりすると2、うまく情報を操作されていたのかなって思うし信頼しきって任せていたわけだけど3

 

(1)化学放射線治療中、4月4日あたりから熱が続くようになる。この熱の原因については、医師もなかなか判断ができなかったようで、誤嚥性肺炎で治療しても下がらないことから、腫瘍熱という判断になっていく。原因が分からないことは、父にとっても家族にとっても苦しいことであった。

(2)化学放射線治療中、右副腎に転移があることが発覚したのだが、このとき手術からわずか2ヶ月であった。母から「丸い影」について聞いた直後、私から主治医をつかまえて詳細を教えてもらえるように話し、すぐに別室で画像を見せてもらいながら説明してもらった。このとき、余命が半年ないだろうということを聞き出した。

また、手術時に切除しなかった「残した」箇所があったことを理解することになる。手術後の説明をした医師はすでにこれについて話していたかもしれないが、「残した」という表現を用いなかったため、そういう印象を受けなかったのである。加えて、医師からすれば、それを「残した」のはトータルで治療を考えたときに、残した部分を化学放射線で治療していく方が、侵襲が少ないなどの利点があったから残したということであるが(治療方針としては間違っていないが)、私たちからすれば「手術が無事に終わる」ことや「手術が成功すること」は、「全部とれた」ことであり「治る」ことを意味してしまっていた。つまり、治療方針ではなく、治るか治らないかの二者択一しかなかった。また、治るとは以前と変わらぬ生活が送れるほどに元に戻ることだと考えていた。

(3)専門家が「素人だから分かりやすく」「ショックを受けるだろうだから言葉を選んで」と心がけていることが、裏目にでてしまうこともある。弟が述べているのは、「信頼していた医師に自分たちは信頼されていなかった」と思えてしまう悲しみでもあったと思う。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM